楽天カード キャッシング 海外

> 楽天カードの海外キャッシングは繰り上げ返済可!リボ払いの変更方法とは

楽天カードは海外でもキャッシングできる

楽天カード キャッシング 海外

海外旅行に行くと、治安の悪い地域もあるため現金を持たない方が良いと言われています。
しかし、急な出費で手持ちの現地通貨がなくなってしまうなどのお金のトラブルは、慣れない土地では困ってしまいますよね。
そんな時は、楽天カードで海外でもキャッシングできるんです。
楽天カード対応の海外ATM/CDを利用すると、暗証番号さえあればすぐに外貨を手に入れることができます。
わざわざ空港や両替所へ行く手間もなく、利用日の実勢レートで換算されるのでお得です。

 

海外でのキャッシングに関する注意点

楽天カードを発行する際は、VISA、MasterCard、JCBなどいくつかのブランド中から選択することになります。
ただ、海外でキャッシングするとなると、VISAやMasterCardが使いやすいでしょう。
JCBは利用できない国も多く、いざお金が必要になった時にキャッシングできないかもしれません。
また、海外でキャッシングすると、返済は自動的にリボ払いになる点にも注意が必要です。
その他、海外でのキャッシングに関して注意していただきたい点は、こちらのページで詳しく解説しています。

 

海外でのキャッシングに利用できるATMと操作方法は?

海外で楽天カードが使えるATMは、カードのステッカー(VISA・MasterCard・JCB)やcirrus、PLUSのステッカーが貼ってあるATMです。
まず、ATM/CDにカードを挿入して言語を選択(英語)し、4ケタの暗証番号を入力してENTERボタンを押し、CASH WITHDRAWAL(現金引き出し)の横ボタンを押し、CREDIT CARD横のボタンを押してください。
希望の金額またはOTHER AMOUMT(その他の金額)を横ボタンで押し、PRESS IF CORRECT(正しければ押してください)を選択すると、現金と明細書が出てきて終了です。
後はカードの取り出しも忘れないように注意してください!

 

海外キャッシングの支払いをリボ払いから一括返済に変更する方法

楽天カードによる海外キャッシングはとても便利ですが、注意する点もあります。
先に説明したように、海外でキャッシングをした場合、自動的に返済方法はリボ払い(毎月一定の金額を返済していく方法)になります。
リボ払いは利息の支払いが増えるのでカード会社のメリットになるため、「ポイント還元率UP!」などの謳い文句でリボ払いに誘導することも多いのようです。
しかし、知らないうちに借りた金額よりも利息の支払いが多くなっているケースもあります。
基本的に海外キャッシングの返済方法は一括返済に変更できませんが、一括返済と同様に扱われる方法がいくつかあります。
ここからは、その方法をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

リボ残高のおまとめ払い

海外キャッシングを一括で返済することは不可能ですが、「リボ残高のおまとめ払い」にすると一括のように返済することが可能です。
楽天サイトから楽天カードへ入り、楽天e-NAVIから「リボ残高のおまとめ払い」を選択し、加算希望金額で「全額払い」を選択し完了です。
なお、全額支払いに変更した場合でも、手数料と利息は加算されることを覚えておいてください。
しかし、少しでも早く「リボ残高のおまとめ払い」に変更することによって、少しでも金利の支払いを減らすことができるので、なるべく早く手続きを済ませることをおすすめします。

 

リボ払いの返済額を変更する

「リボ残高のおまとめ払い」の他に、「リボ払いの返済額を変更する」という支払い方法があります。
通常はリボ払いの返済額が1万円に設定されているのですが、返済額を引き上げることで一括返済のように支払うことが可能です。
楽天e-NAVIから「リボお支払コースの変更」を選択し、「変更後のお支払コース」の入力欄に返済額を記入すると変更できます。
楽天カードは年利18%に金利が設定されていますが、長い年月をかけて支払いをしているとその分お金がかかってしまいます。
返せるうちに返しておくと、余計な利息を支払う必要がありません。

 

銀行振込

先に挙げた2つの方法の他に、海外キャッシングでの利用分を、銀行振り込みで支払うこともできます。
楽天コンタクトセンター(オペレーターに直接つなぐには0570-66-6910から0#または092-474-6287から0#・受付時間9:30〜17:30まで、Skypeの利用もお得)に連絡をしてリボ払いの残高全額を銀行振り込みしたい旨を伝えると、素早く支払いを完了することができます。
しかし、直接オペレーターに繋ぐには時間がかかってしまう場合があるので、受付時間が来たらすぐに連絡することをおすすめします。
なお、口座に振り込む際には振込手数料の支払いが必要です。

 

海外でキャッシングできない時に確認すべきポイント

キャッシングの利用限度額に余裕があるかどうか

海外に来てキャッシングができないとなるとパニックになってしまいますよね。
そうならないように、確認すべきポイントを見ていきましょう。
まず、日本ですでにキャッシングを利用していて、限度額に達している場合は利用できなくなりますので、海外に行く前に支払いを済ませておくなどの対処が必要です。
逆にキャッシング枠に余裕があると思っていても、為替レートの関係で思っている以上に使っていることもあるので注意が必要です。
例えば、1万円のキャッシング枠が残っているから100ドル借りられると思っていても、実際には1ドル=105円の時もあります。
そうなると限度額オーバーになってしまうので、少なめに見積もるなどした方がよいでしょう。

 

ショッピング枠にも注意が必要

海外キャッシングが利用できるかどうかは、ショッピング枠にも注意しなくてはなりません。
というのも、クレジットカードは、ショッピング枠とキャッシング枠が連動しているからです。
いくらキャッシング枠に余裕があったり、使用していなくても、ショッピング枠ギリギリまで利用しているとキャッシングは出来ません。
海外に渡航する場合は、必ずその前にキャッシングの限度枠を確認し、ギリギリまで利用している場合には返済を済ませておく、キャッシングの限度額を引き上げておくなどの対策が必要です。
いざと言う時に困らないよう、事前に利用金額をよく確認しておきましょう。