楽天カード キャッシング 過払い金

> 楽天カードのキャッシングで過払い金は発生する?返還率・期間の目安は?

楽天カードに過払い金請求はできる?

楽天カード キャッシング 過払い金

以前は利息制限法と出資法で上限金利に違いがありました。
利息制限法では、10万円未満の貸付は上限金利が20%だったのですが、出資法では29.2%が上限金利で、この金利差が「グレーゾーン金利」と呼ばれていました(平成22年6月に法改正され、グレーゾーン金利はなくなっています)。
金利改定前にグレーゾーン金利で借り入れをしていた人は、余分な利息を払っていた可能性があるので、過払い金が発生しているかもしれません。
完済から10年以内であれば、返金手続きをすることで払い過ぎた利息を取り戻せる可能性があります。
楽天カードのキャッシングを利用していた人の中にも、「自分も過払い請求をすることができるの?」、「楽天カードでも過払い金が発生しているの?」と気になる人がいるでしょう。
このページでは、楽天カードのキャッシングを利用していた人は過払い金請求ができるのか、過払い金請求の仕方、過払い金が返還された人の口コミを紹介します。

楽天カードのキャッシングは過払い金請求の対象外

もし、楽天カードで過払い金請求ができるなら、今の借入も少しは楽になると考えている人もいるでしょう。
しかし、楽天カードは過払い金請求の対象外です。
過払い金請求は、あくまでもグレーゾーン金利での借り入れをしていた人が対象となります。
楽天カードのキャッシングは金利が年18%なので、過払い金は発生しません。
ただし、返済に困っているのなら、任意整理をして利息を軽減してもらえる可能性があります。
任意整理とは裁判所を通すことなく、債務者と債権者の話し合いによって無理のない返済方法を決めることです。

 

旧楽天クレジット・旧楽天KCカードは過払い金発生の可能性あり

楽天カードでは過払い金請求ができないことを知り、がっかりした人がいるかもしれませんね。
しかし、旧楽天クレジット(現楽天カード株式会社)や旧楽天KCカード(現ワイジェイカード株式会社)は、法改正前には29%前後の金利で貸し付けを行っていたので、過払い金が発生している可能性があります。
ただ、旧楽天KCカードの過払い金請求先は楽天ではありません。
国内信販株式会社(KC)を楽天が買収したことで楽天KCが誕生しましたが、今はワイジェイカード株式会社が運営し、ワイジェイカードとなっています。
そのため、過払い金請求の窓口はワイジェイカード株式会社となっているので注意しましょう。

 

過払い金の返還率と返還までにかかる期間について

過払い金が発生している可能性があれば、まず金融機関に取引履歴の請求を行います。
この取引履歴から引き直し計算をして、過払い金がどのくらいあるのかを確認します。
過払い金が発生していることが確認できれば、金融機関との交渉をして和解すれば過払い金が返還されます。
ただ、過払い金が返還されるまでには多くの時間を必要とします。
請求をして和解したとしても半年程度はかかりますし、和解せず訴訟するとなると1年以上もかかります。
また、過払い金請求をしたとしても満額返還されるとは限りません。
返還率の目安としては50%〜100%です。
返還率が低ければすぐに和解となることもありますが、少しでも返還率を上げたいと考えるのなら、はやり訴訟する必要があるでしょう。

過払い金請求は自分で出来る?

「自分で過払い金請求をしたい!」と思っている人もいるでしょう。
しかし、自分で過払い金請求を行って返還してもらうことは、かなり難しいと考えておきましょう。
というのも、金融機関に取引履歴の開示請求をしたり、過払い金の計算をする必要があるので、過払い金の有無を確認するだけでも膨大な手間と時間がかかります。
また、過払い金が発生していたとしても、金融機関との交渉も自分で行う必要があります。
この交渉が大変で、金融機関は簡単に和解には応じてくれませんし、訴訟をする場合にはさらに時間や手間も必要になります。
このように過払い金の返還を自分で行うには手間や時間がかかりますし、専門的な知識も必要です。
金融機関との交渉が難航すれば、返還率がかなり低くなる点も考慮する必要があるでしょう。

 

過払い金請求は専門家への依頼がおすすめ!

自分で請求する手間や時間を考えれば、専門家への依頼がおすすめです。
専門家とは弁護士や司法書士のことで、過払い金請求に強い法律事務所(弁護士)や法務事務所(司法書士)もあります。
弁護士と司法書士は主な仕事内容に違いがありますが、過払い金請求では対応できる債権額に違いがあります。
司法書士は140万円以下の過払い金請求にしか対応できませんが、弁護士は140万円以上の過払い金請求への対応が可能です。
報酬は成功報酬(返還された過払い金の○○%)でありケースが多く、無料で相談に乗ってもらえる事務所も多数あります。
気になる点があれば、まずは専門家に相談してみましょう。
「いきなり弁護士や司法書士に相談するのは緊張する」という人は、NPO法人国民再生支援サポートセンターで相談してみると良いかもしれません(無料で相談を受け付けています)。

 

楽天カードに過払い金請求した人の口コミ

楽天KCへの過払い金請求を弁護士へ依頼!和解して返還されました

今はキャッシングを利用することはありませんが、以前に楽天KCカードでキャッシングをしていたこともあり、職場近くの弁護士事務所に相談に行きました。
過払い金があるかを調べてもらうと、過払い金が発生していることが分かり返還請求をしてもらうことにしました。
発生していることが分かった時には、全て返還されると思っていたのでかなり期待していたのですが、結局和解をして返還されたのは6割程度でした。
それでも、子供の大学費用などで少し家計が苦しかった私にとって、6割程度の返還でも大きな助けとなりました。
過払い金請求をして本当によかったです。

 

年齢:50代
性別:男性
評価(5点満点):★★★

 

少額だったので法務事務所へお願いしました

楽天KCカードを昔利用していたのですが、CMで過払い金請求のことを知り、弁護士事務所に相談に行きました。
ネットを見ると数百万円もの過払い金が返還されたという人もいて、自分もこのくらいのお金が返ってくるのではないかとワクワクしていたのですが、調べてもらうと過払い金は30万円程度でした。
弁護士に依頼すると費用が高そうだったので、司法書士事務所を調べて請求をしてもらうことにしました。
満額返還とはなりませんでしたが、費用も抑えられ良い選択をしたと思っています。

 

年齢:40代
性別:女性
評価(5点満点):★★★

 

弁護士に頼んで7割回収できました!

完済していたこともあって、楽天KCカードを利用していたことを忘れていたのですが、雑誌や新聞で過払い金請求ができることを知り、弁護士に相談してみました。
以前はパチンコなどキャンブルのためによく借金をしていたので、多くの過払い金がありました。
過払い金を計算してもらうと180万円もあるとのことでした。
過払い金の全額返還が難しいことはネットなどで知っていたので、半分でも返ってくれば良いと思っていたのですが、さすが弁護士だけあり7割も回収できました。
払い過ぎたお金が返ってきただけですが、なんとなく得をした気分です。

 

年齢:50代
性別:男性
評価(5点満点):★★★★