楽天カード キャッシング atm

> 楽天カードのキャッシングATM利用術 - ATMでのキャッシングに関する疑問点を解決!

楽天カードのATMでのキャッシングについて

楽天カードはクレジットカードです。
年会費無料で様々なところで買い物ができるようになっています。
そして、このカードにはキャッシング機能を付与することができ、ATMから出金することがが可能です。
キャッシングサービスがお近くのコンビニ、駅、銀行、郵便局に設置されているCD・ATMで利用することができるのです。
『楽天』というステッカーが貼っているATMを利用しましょう。
あくまでキャッシング機能は別途で審査が必要になるのですが、何かと役に立つ機能ですからクレジットカードの発行をしてもらうときには付与できるならばしましょう。

 

楽天カード キャッシング atm

 

楽天カードってどんなカード?

利用するとポイントが貯まる

楽天カードは様々なところで使うことにより、ポイントが貯まります。
それ自体は、他のクレジットカードとほぼ同様であるといえます。
しかし、ある特定のところでの買い物の時に活用することにより、より有効的に使えるのが楽天カードなのです。
楽天といえば楽天市場というネットショッピングサイトが有名でしょう。
楽天市場での買い物に楽天カードを決済に使うことにより、通常よりも何倍ものポイントを貰うことができるようになっています。
少なくとも楽天市場をよく使う人には、楽天カードは非常にお勧めです。

 

海外旅行保険がついている

今では、当たり前のようにクレジットカードに海外旅行保険がついていますが、楽天カードも同様です。
旅先でのケガや病気、トラブルをサポートしてくれるのです。
海外旅行の際には、楽天カードをしっかりと持っていくようにしましょう。
ただし、利用開始条件がいくつかあります。
それは、バスや電車など公共交通乗用具に該当する移動手段の為の決済に利用すること、海外旅行代金に該当するものの決済などに利用した、ということです。
これは一部でも出国前に決済をしている必要があります。
出国後の決済では対象外となりますから注意しておきましょう。

 

海外でもキャッシングできる

楽天カードは、海外のATMでもキャッシングが可能です。
通常、海外旅行ではその国に入る時に両替をすることになります。
そこで外貨を得ておくわけですが、旅行中に足りなくなることもあるでしょう。
もちろん、様々な方法でその国の通貨に両替する方法はあるのですが、はっきりいって面倒くさいことが多いです。
そこでお勧めできるのが、キャッシングなのです。
この方法ならば両替の手間がなく、その国の通貨でお金を借りることができます。

 

お知らせメールが届く

楽天カードには、セキュリティサービスの一環としてお知らせメールというのがあります。
具体的に、お知らせメールとしてまず速報版が送られます。
つまり、楽天カードを利用した翌日に、最短で簡易版が届くことになります。
その後、何日か後に確定版が送られてくるようになっています。
これで不正利用も相当に早く気付くことができるようになっています。
つまりは、誰かが勝手に使ったとしたら次の日には利用の覚えがない明細が届くからです。
こうしたきめ細かいサービスが、楽天カードの良い点であるといえるでしょう。
速報版で特に覚えがないものが届いたのであれば、すぐにカスタマーセンターに連絡しましょう。

 

楽天カードのキャッシングはどこで出来る?

銀行のATM

楽天カードでは銀行のATMからのキャッシングも可能になっています。
具体的には、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、イオン銀行などをはじめとして全国の金融機関などで利用できるようになってまいす。
信用金庫などもその対象になっています。
但し、利用の度に手数料がかかることになります。
それは1万円以下であれば108円(税込み)であり、1万円超であれば216円(税込み)となっています。
借入をするときには注意しておきましょう。

 

コンビニのATM

楽天カードではコンビニのATMからでも借り入れ、返済ができるようになっています。
提携しているコンビニはいくつもあります。
セブンイレブンのセブン銀行、ローソン、ファミリーマート、スリーエフ、ポプラ、ミニストップ、サークルKサンクスなどのATMが利用可能になっています。
こちらも利用手数料がかかることになりますから、それは覚えておきましょう。
いざというときにコンビニのATMから利用できるのは、実に有難いことです。
家の近くにコンビニがあれば、そこが借り入れ可能な場所となるのです。

 

ATMでキャッシングする時の注意点

ATMの利用時間

利用可能なATMは各種あるわけですが、利用時間、つまりは取扱い時間は異なります。
また、同じ系列でも店舗によって異なることもあります。
その銀行、信用金庫などによって違うことになりますから、注意しておきましょう。
一例として、例えば三井住友銀行であれば、火〜土は24時間、日曜日は0:00〜21:00、月曜日は7:00〜24:00と原則的にはなっています。
各種提携金融機関の基本的な営業時間は、公式サイトで調べることが可能です。
よく使うATMの営業時間、利用可能時間はしっかりと把握しておきましょう。

 

ATMの手数料

ATMからキャッシングをする場合、利用金額に応じて、手数料が発生します。
借り入れ利用金額が、1万円以下であれば108円(税込み)。
1万円超であれば、216円(税込み)がかかります。
その場ですぐに金額が発生、請求が起きるわけではなく、ATM利用手数料として、カードショッピングの1回払い扱いになります。
但し、利用に関して手数料がかからないサービスもいくつかあります。
まず、お借り入れ以外のCD・ATMの利用(残高照会、ご返済)は無料で可能です。
また、楽天e-NAVIでのネットキャッシングの利用、音声自動応答もしくはオペレータによるテレフォンキャッシングサービスの利用も手数料は不要です。

 

土日や年末年始のキャッシングについて

楽天カードの場合、土日でもキャッシングは可能です。
しかし、年末年始に関しては特段に明記されていることがありません。
とはいえ、例年年末に発表される「年末年始の営業に関するお知らせ」を見ると、年末年始もATMからのキャッシングは可能なようです。
但し、コンタクトセンターが年末年始は営業をしていないので、連絡がつかない可能性もあります。
大晦日から三が日は少なくともコンタクトセンターは休みになっているようです。
各種申込みができないわけではないのですが、返信は遅れる、手付きは遅れる、としていることからも年末年始の利用には注意が必要です。

 

ATMでキャッシングできない!その理由とは

キャッシング枠をつけていない

ATMに楽天カードを入れてもキャッシング画面が出ない!というのであれば、そればいくつかの可能性があります。
その一つがキャッシング枠をつけなかった、ということです。
基本的には、楽天カードの申込時にキャッシング機能を付けるようお勧めされるので、そのままついでに付ける人が多いのですが、あえて付けない人もいます。
そんな人は、インターネットからキャッシング機能を付与してもらえるように申し込みをするとよいでしょう。
審査をすることになりますが、そこまでハードルが高いような審査ではありません。
あくまでキャッシングですから、収入がある人に貸すことが前提ですが、極端に厳しいわけではないです。

 

限度額いっぱいまでキャッシングしている

今までキャッシングができていたのに、いきなりできなくなった、ということもあるでしょう。
そんな時には、利用限度額を確認するとよいでしょう。
楽天e-NAVIにログインすると、「ご利用可能額の照会」という項目がありますから、そこでどの程度借りているのかを再確認しましょう。
その際、限度額まで借りてしまっているのであれば、それ以上借りることはできません。
そんな時には、借りることよりもまずは返すことを計画しましょう。
どうしてもお金が必要な場合は、限度額の上限の追加枠を申請するという手もありますが、まずは返済を考えることをおすすめします。

 

口座振替の設定ができていない

もう一つ、キャッシングを利用できない理由として考えられるのが、口座振替の設定ができていないことです。
これができていないと、そもそもサービスを開始させることができません。
どの口座から振替をするのか、というのはいろいろと考え方があるでしょうが素直に楽天銀行にすることが最もお勧めできます。
それが最も手っ取り早いからです。
しかし、それは必須ではありませんからどうしても別のところに振替をしてほしいというのであれば、それも可能です。
使いやすところに設定するとよいでしょう。

 

カードの磁気不良

もう一つ、可能性としてあるのがカードの磁気不良です。
要するに、カードに物理的な問題が出てしまったということです。
例えば、カードに傷がついたり、強力な磁力があるところに近づけたりすると、こうした不良が起きることがあります。
この場合、素直にカードを再発行してもらうしかありませんから、コンタクトセンターに連絡しましょう。
ちなみに、カード自体に不具合がある場合、何かしらATMの画面にその旨が表示されることが多いようです。
とにかく、「このカードは使えません」と出てきましたら、その理由はコンタクトセンターに問い合わせましょう。

 

楽天カードはネットキャッシングも可能!

ネットからの申し込みで指定口座へ振込OK

楽天e-NAVIというサービスがあります。
これは楽天カードを持っている人であれば、だれでも利用することができるオンラインサービスです。
ここから申込みをして指定した口座に振り込みをしてもらうことができるようになっています。
要するにネットキャッシングというわけです。
また、楽天e-NAVIでは、月々の利用明細や住所変更、支払い方法の変更などの手続きをすることができます。
パソコンはもちろんのこと、携帯電話などからも利用が可能ですから、しっかりと活用するようにしましょう。
ネットであれこれと申込み、確認ができるのは大きいです。

 

口座によって入金時間が異なる

ネットキャッシングの申し込みは、当然ネットから行うことができますが、「入金先がどの口座か?」ということによって入金の時間が異なることになります。
楽天銀行にしますと最短になります。
それこそ、数分後に入金ということも可能です。
その他の銀行ですと、入金の反映までに時間がかかることがあります。
即座に資金が欲しい時などに利用したいのであれば、やはり楽天銀行を指定しておいたほうがよいでしょう。
最短で即座の反映となりますと、実に使い勝手がよくなることでしょう。
但し、申込みをした時間帯によっては、入金の反映に時間がかかることがあります。
そのため、急ぐのであれば、平日9:00〜14:49の間に申し込みをすると良いでしょう。

 

楽天カードのキャッシング枠ってどれくらい?増枠はできる?

楽天カード キャッシング atm

初回契約時は20〜30万円が目安

楽天カードの初回契約時の借入可能金額、キャッシング可能額はおよそ、20万円〜30万円といったところでしょう。
しかし、この金額に不満な場合は、後で増額申請ができることもあります。
ただし、増額申請をする際いは、いくつか注意点があります。
まず、楽天カードはクレジットカードなので、総量規制の対象となる点です。
総量規制とは、貸付に関する制限であり、年収の1/3を超える貸付が禁止されている規制です。
もしも、年収の1/3を超える金額への増額を希望しても、認められません。
また、増額するためには、利用実績も重要です。
最低でも半年程度は楽天カードを利用した実績がないと、増額が認められる可能性は低いでしょう。
なお、半年以上の利用実績があっても、返済の遅延などがあると増額は認めてもらえませんから、注意してください。

 

キャッシング枠を増枠する方法

キャッシング枠を増やしたいと思ったのであれば楽天e-NAVIから申込みをしましょう。
これまでにしっかりと利用したことがあり、返済の実績もあるのであれば、ご利用可能枠の変更が可能になっている可能性があります。
ご利用可能枠の増枠というページがありますから、そこから申込みをするようにしましょう。
もちろん、再度、金融信用情報に関しての審査を行うことになりますから、即決というわけではないですが、かなり早いレスポンスで決定してくれます。
そして、審査に通過して許可されたら増額されることになります。
だからといって使いすぎることはないようにしましょう。

 

楽天カードの返済方法について

ATMで返済できるの?

楽天カードのキャッシングですが、ATMからの借入することができますが、返済はどうなのでしょうか?
実は、返済に関しては、口座からの引き落としが基本となっており、ATMからの返済はできません。
返済は、約定返済という形で行うことになります。
引き落としになる日は決まっており、利用月の翌月27日です。
但し、27日が土・日・祝日である場合には翌営業日になります。
そのため、引き落としの口座を指定しておくことが必須になっています。
その他、追加返済などを行う場合は、コンタクトセンターへ連絡し、指定された口座へ振込する事が可能です。

 

利息の支払いを抑えるなら一括払い

キャッシングで最もネックとなることが利息です。
業者としてはそれが収入になるわけですから、少しでも長く借りていてほしいと思っているわけです。
しかし、利用者側としては早く返すことが最もよいといえるのです。
楽天カードの場合、27日に約定された金額を引き落としされるわけですが、少しでも金利利息の支払いを抑えたいならば一括払いにするべきです。
「それができれば苦労はない」という人もいるかもしれませんが、約定返済のみにすることはあなるお勧めできません。
キャッシングに限ることなく、一括払いこそ借金で最も利息を抑えられる方法であると理解しておくべきでしょう。

 

月々の返済額を抑えるならリボ払い

月々の返済は27日に引き落としがされることは同じなのですが、毎月の返済額を抑えたい時もあるでしょう。
金利の支払いがかさんでしまう、というデメリットはありますが、毎月の返済額を抑えるためには、リボ払いが有効です。
リボ払いを選択すると、毎月決まった金額を返済する形式になります。
使い方次第では良いやり方ではあるのですが、どうしても返済の期間が長くなる傾向があります。
その為、利息がかさむことが多く、あくまで月々の返済額を抑えたい時のみにしたほうがよいでしょう。
しかし、方法としては知っておくべきです。
いつでも利用できるようにしておくことです。

 

リボ払いを一括払いに変更できる?

結論からいってしまうと、特定のリボ払いを通常の一括払いには戻すことはできません。
ですが、楽天e-NAVIから「リボ残高のおまとめ払い」が可能になっています。
「それは一括で払いと同じでは?」と思うかもしれませんが、この方法の場合、手数料がかかることになります。
やり方としては、「一括」となるわけですが、余計に費用がかかります。
但し、「残高を一括で支払う」ということは可能です。
コンタクトセンター、或いは自動音声専用ダイヤルにて、「残りの残高を銀行払いで支払う」と申込みをしますとできます。
「通常の一括払い」ではないのですが、やり方としてはあるので覚えておきましょう。

 

繰り上げ返済はできる?

繰上げ返済ですが、これも可能です。
但し、口座振替よりも先に返済をする場合、電話でのご連絡が必要、としています。
また、振込手数料は利用者負担、ナビダイヤルも有料になります。
キャッシングにおいて、いちいち繰越返済に電話連絡が必要、というのは使いにくいと言わざるを得ません。
クレジットカードのキャッシングなので仕方ない側面もあるでしょう。
ですが、返済の融通が利かない点は、楽天カードを利用する上でのネックといっても過言ではありません。
繰越返済、随時返済は可能な限りやりやすいところがよいです。

 

初回返済日より前に返済する方法はある?

初回の返済日よりも早く返済する方法が、繰越返済です。
毎月12日に請求金額が仮確定となります。
そして、毎月15日(或いは20日)に本確定になります。
ですから、その前までに電話で連絡をする必要が出てきます。
その際、どこに支払金額を振り込めばよいのか、ということもしっかりと確認しておきましょう。
金利を抑える方法として、繰り上げ返済は良いのですが、やはり面倒なやり方になっているのは否めないでしょう。
ですが、利息を出来るだけ支払うことがないようにするためには、よい行動といえます。

 

楽天カードの審査に通るためのポイントとは

信用情報に傷が付いてないこと

楽天カードの審査のポイントは、他のクレジットカードと比べて大きな差はありません。
他社からの借入はあるのか、あるのであれば返済はできているのか。
任意性や自己破産などの債務整理をしたことはあるのか、つまり金融信用情報に傷はないのか、ということがポイントになってきます。
こうしたことは極々当たり前の審査ですから、心配することはないでしょう。
クレジットカードを作る時、信用情報に傷が付いていなければ、審査に通る確率が高くなります。
他社からの借入もあってはいけないわけではなく、返済が滞った履歴や度を越えた借入などをしていなければよいのです。

 

安定した収入があること

安定した収入があれば、楽天カードの審査に通る可能性は高いです。
学生でもアルバイトによる安定収入があれば、審査に通ることは可能です。
フリーターももちろん、収入があるわけですから基本的には問題ありません。
専業主婦の場合は、通った人もいれば、そうでなかった人もいたりするので、一概にはいえないのですが、夫に収入があると審査に通る可能性が高いとされています。
基本的には安定した収入があってこそ、発行してもらうことができるのがクレジットカードなのです。
その点においては楽天カードも同じです。
なお、無職では審査に通りませんから、注意が必要です。

まとめ

楽天カードは、比較的発行してもらいやすいクレジットカードであり、楽天市場などでの買い物にはかなりメリットがあります。
海外旅行の際での保険もしっかりとカバーされていますし、キャッシング機能も使いやすいようになっています。
もちろん、総量規制の対象となるわけですが、クレジットカードとしては十分に有能ですし、発行してもらう価値はしっかりとあるでしょう。
年会費無料であり、ネットからの申し込みなどにも対応しているとなりますと、やはり使い勝手はよいです。
リボ払いに関することがややネックともいえるのですが、上手く付き合えば問題はないでしょう。