楽天カード キャッシング

楽天カードのキャッシング機能について

とても多くの方が利用しているショッピングサイトである楽天市場。
この楽天が発行している楽天カードはとても人気のあるカードの一つです。
楽天市場内でショッピングをした時に楽天カードでの支払いで得る特典を見かけたことはないでしょうか?
楽天カードは年会費無料・しかも担保や保証人も不要ということで、気軽に申し込みできるのも人気の要因ですね。
また、ショッピング機能ももちろんのこと、キャッシング機能も付いています。
キャッシングの実質年利は18%、利用限度額は1〜90万円となっており、審査によって利用限度額が決められます。
利用限度額は最初少なめに設定されていますが利用年数や使用状況によって増えていく可能性があります。
このページでは、そんな楽天カードのキャッシング機能について解説していきます。

 

楽天カード キャッシング

楽天カードのメリットとは?

楽天カードで一番に頭に浮かぶのはCMでもおなじみの、ポイントについてではないでしょうか?
楽天市場には本当に多数の店舗がお店を出店していますので気に入った商品を簡単に探すことが可能です。
楽天市場でのお買いもの以外にも楽天カードを使うとポイントがたまっていきますよ。
そして日本全国利用できるATMが多いのも特徴です。
さらに、ネットキャッシングができたり、お知らせメールでカードの利用状況をお知らせしてくれるのも助かりますね。
ここからは、楽天カードのメリットについて少し詳しくご紹介します

 

利用に応じてポイントが貯まる

楽天カードは新規入会するだけで楽天ポイントを獲得することが出来きるとあって、大変人気があるカードです。
また、楽天カードの利用で楽天ポイントがさらに貯まり、楽天市場でのお買い物に利用することが出来ます。
楽天ポイントというのは、楽天市場で利用できる商品券のようなものですね。
どこでもお買い物をするときに楽天カードを利用すると100円に対し1ポイントは貯まっていきますが、この楽天市場でのお買い物に楽天カードを利用すると、ポイントが100円に対し2ポイント貯まっていき大変お得です。
また6のつく日のポイント2倍デーや週末感謝デーのポイント3倍デーなどいろいろなイベントで楽しませてくれます。

 

利用できるATMが多い

楽天カードを利用するに当たり、本当に便利だと感じるのが利用できるATMの多さです。
三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの主要な都市銀行をはじめ、地方銀行、ゆうちょ銀行までさまざまな銀行のATMを利用することが出来ます。またセブンイレブンのような全国区のコンビニエンスストアのATMももちろん利用することができます。これは全国約90,000台のATMを利用できるということになりますのでその数はすごいですね。
入学や転勤などで県外に引っ越してもこの数なら安心して利用できます。

 

ネットキャッシングができる

楽天カードのキャッシング機能を利用する際、ネット上からカード振込口座へ振込依頼を出すことが出来ます。
もちろん提携ATMを利用してキャシングすることも可能ですが、そうではなく口座へ直接振り込みを依頼できるのです。
このネットキャッシングはとても便利な機能で、なんといっても振込手数料も無料ですし、ネットを通じて申し込むことが出来るので、24時間いつでも利用できます。
また、便利な予約機能が付いており、あらかじめ予定している日に振込を指定することもできるのです。
とても便利な機能だと思いませんか?

 

お知らせメールが届く

楽天カードには、利用状況を知らせてくれる「お知らせメール」機能があります。
このお知らせメール機能ですが、メールが毎回届くので少しめんどくさいなと思うかもしれません。
しかし、もしも不正にカードを利用されるような事が起きた場合、すぐに気が付くことが出来るので意外と便利な機能なのです。
また、ネットでのお買い物に少し抵抗のある方はいまだに少なくないと思います。
楽天カードなら「楽天市場で商品を購入したのにもかかわらず、商品が届かない」などのトラブルがあった時、キャンセルや返金などに対応してくれるのでネット通販でのお買い物も安心です。

 

海外でも使える

楽天カードは、海外での利用も可能です。
ショッピングからキャシングまで幅広く利用することが出来ます。
楽天カードの国際ブランドはVISA・JCB・MasterCardから選べますが、海外で使う場合にお勧めなのはVISAとMasterCardです。
アメリカや韓国などの主要な国以外でもほぼすべての国でカードが使用できる可能性が大きいからです。
反面、JCBカードは使用できる国が限定されるため、渡航先で利用できないケースがあるかもしれません。
海外での利用を考えた時には、国際ブランドの選び方に注意してください。

楽天カードのキャッシング利用方法

さまざまなサービスでとても人気のあるクレジットカードの一つである楽天カード。
ショッピングでの利用のほかに、キャッシングで利用することもできるため、多くの方に支持されています。
その他にも様々なメリットがあるため、非常に利用しやすいカードだと言えます。
しかし、実際に楽天カードに入会してキャッシングするには、どのような手続きが必要なのか分からない方も多いはず。
「どうやって申し込めばいいの?」、「利用する時に便利な機能はあるの?」などみなさんが疑問に思っているキャッシングの利用方法を調べてみました。

 

まずはネットから申し込み

まずは楽天カードへ申し込みましょう。
そのとき重要なのは楽天カードの申し込みページの「キャンペーンにエントリー」ボタンからスタートするということです。
なぜなら、この「キャンペーンにエントリー」ボタンから申し込みをすることでポイントがもらえるからです。
せっかくのポイントを無駄にすることなく必ずゲットしましょう。
会員規約に同意し、個人情報を入力すれば確認作業に移ります。
確認作業を完了すれば申込み完了です。
何事もなければ審査の結果は数時間でメールで連絡があります。

 

銀行・ATM・ネットからキャッシング

楽天カードを持っていれば急にお金が必要になっても大丈夫です。
近くの銀行・郵便局・コンビニエンスストアのCD・ATMを利用しキャッシングすることが出来ます。
また、ネットキャッシングが可能なため、パソコンや携帯電話等から24時間申し込みができ、手続き完了から最短数分で口座に現金が振り込まれます。
とてもスピーディーな対応なので、利用を希望される方が多いのも納得ですね。
ネットキャッシングを利用する場合は、楽天カードの「楽天e-NAVI」にログインしネットキャッシングの申し込みをします。
借入可能額の範囲で借りる金額を入力し、支払方法や楽天カードの暗証番号を入力すると申込み完了です。

楽天カードの審査に通るためのポイントは?

楽天カードの審査は比較的通りやすいと人気ですが、もちろんクレジットカードですのでしっかりとした審査はあります。
しかし、楽天カードは詳細な審査基準を公開していません。
公開しているのは
・満18歳以上(主婦・アルバイト・学生可)
・高校生不可
実はこの2点だけなのです。
詳しい審査基準は、楽天カードに限らず多くのクレジットカード会社でも公開していません。
しかし、「審査が甘い」といった口コミを鵜呑みにして、せっかく申し込んだのに審査落ちになってしまうことは避けたいものです。
審査に通るためのポイントを今からご紹介しましょう。

 

信用情報は必ずチェックされる

どの会社のクレジットカードを申し込んだ場合でも同じですが、信用情報は必ずチェックされます。
今までのクレジットカードヒストリー(クレジットカードの利用歴や返済歴)に問題がないかという点が大変重要になってきます。
楽天カードはパートやアルバイト・学生デモ作成可能なカードではありますが、過去の利用歴が悪ければカードを作ることは難しいでしょう。
つまり、クレジットカードを利用して支払いの大幅な遅延があった場合は、審査に落とされると考えてください。
また、過去に任意整理や自己破産の経験がある方も同様です。
仮に債務整理の経験がある場合、最低でも5年間は信用情報に記録が残ります。
この期間が経過して、信用情報がきれいにならなければクレジットカードは作成できないと覚えておきましょう。

 

希望額が大きいと審査も厳しくなる

楽天カードにキャッシング機能をつけるとなると、当然ですが審査で返済能力がチェックされます。
そのため、借入希望額が大きいと審査がどうしても厳しくなってしまう可能性があります。
といいますのも、キャッシングはカード会社からお金を借りるということですから、希望額が大きい場合はカード会社の審査も慎重になります。
また、他社での借り入れも考慮されることになります。
総量規制によって設定金額も規制されることになりますので、頭に入れておく必要があります。
そのような点からも、やはり希望額は必要最小限にとどめ、また自身の返済にも無理のない金額設定にすることが重要です。

 

総量規制にも注意が必要

総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
総量規制とは、「貸金業者が融資を行うときに利用者の年収の1/3以上は貸すことが出来ない」という貸金業法の規制で、2010年6月8日に施行されました。
楽天カードのキャッシングもこの総量規制の対象となっており、年収の1/3以上の借入は出来ません。
他社での借り入れがあり、すでに年収の1/3の範囲を超えていると楽天カードでの借入枠がなくなってしまうのです。
クレジットカードを利用する際には、あらかじめ総量規制の上限を超えていないかどうか確認する必要があるのです。

 

キャッシング枠をつけるなら在籍確認あり

通常クレジットカードを作る場合には職場への在籍確認の電話がありますが、楽天カードの場合にはショッピング枠だけの申し込みの場合、ほとんど在籍確認の電話が職場にかかってくることはないようです。
ただし、カードにキャッシング枠を付ける場合には、在籍確認の電話が職場へかかってくるようです。
在籍確認というと職場の方にキャッシングのことがばれてしまうのではないかと少しびっくりしてしまうかもしれません。
しかし、在籍確認の電話は非通知で、しかも担当者は個人名を名乗ってかけてきます。
職場の人にキャッシングのことがばれないよう、最大限の配慮をして電話してもらえますから、ご安心下さい。

楽天カードのキャッシング返済方法

楽天カード キャッシング

 

楽天カードでキャッシングをしたら、次は返済を行わなければなりません。
キャッシングの返済方法も何パターンかから選ぶことも可能ですし、いったん決めた返済方法の変更も可能です。
返済方法の選択や返済日、返済方法の変更方法など、返済に関わることも知っておかなければいけませんね。
また、返済で信用を得れば今後のキャッシングの枠も広がっていくこととなるでしょう。
返済は、今後の借入に大変重要になってきます。
借入の後は返済です。
しっかり勉強しておきましょう。

 

返済は一括払いかリボ払い

楽天カードキャッシングの返済方法は「一括払い」もしくは「リボ払い」の2つから選ぶことができます。
返済方法の選択は、借入申し込み時に行います。
「一括払い」は、キャッシングをした翌月27日に支払口座から自動で引き落とされます。
利用金額に利息を追加した額が一括で引き落とされるという方法です。
一方、「リボ払い」は利用した金額を毎月分割し支払う方法で、借入金額には関係なく最初に指定した返済額を支払っていくので、毎月の支払額はほぼ固定されています。
しかし、返済期間が長くなる分だけ利息の支払いが増えてしまうため、あまりおすすめはできません。
また、気を付けたいのが申し込み時に「自動リボ払い設定」を選んだ場合、支払いの際「一括払い」を選択しても自動的にリボ払いとなってしまう点です。
可能であれば、返済方法は一括払いを選択する方が良いのではないでしょうか。

 

指定口座からの引き落としか入金

楽天カードの利用代金支払いは、銀行やコンビニエンスストアのATMでは返済できません。
毎月末日に締め切り、翌月27日に(土・日・祝日は翌営業日)申し込み時に指定した指定口座から引き落とされます。
お支払金額は楽天e-NAVIの「カードご利用明細」で確認できますので毎月27日には必ず引き落とし金額が不足しないように確認が必要です。
もしも前日までに指定口座に入金するのを忘れ、27日に残高不足で引き落としができなかった時は、再引き落とし対象の金融機関であれば再度引き落としが行われます。
また、繰り上げ返済などを希望する場合は担当部署へ連絡したうえで指定口座へ入金することになります。

 

繰り上げ返済はできるの?

繰り上げ返済をする場合、1回目の引き落としの前か後かで連絡先が違います。
1回目の引き落としの前ならば楽天コンタクトセンターへ。
1回目の引き落としの後ならば楽天自動音声ダイヤルへ。
楽天コンタクトセンターはオペレーターが対応してくれますので若干電話が繋がりにくく、受付時間も9:30〜17:30と限られています。
楽天自動音声ダイヤルは、24時間受付可能で待たされることもなくスムーズに進んでいくので便利ですね。

 

返済方法を変更するには?

申し込み時に決めた返済方法を変更したい時には、どうしたらいいのでしょうか?
「最初にリボ払いにすると決めていたけれど、やっぱり一括返済にしたい!」など支払い条件を変更するサービスもちゃんとあるのでご安心下さい。
また、「毎月27日の引き落とし金額を変更したい」!といったことも可能です。
リボ払いの残高については、2回目から支払い金額も変更できます。
反対に、「最初は一括返済を希望していたけれど、リボ払いに変更したい!」という時も、楽天e-NAVIから変更することができます。

海外でのキャッシングについて

楽天カードは海外でのキャッシングも可能ですが、海外で使用する場合に問題となってくるのが国際ブランドです。
上でも説明した通り、VISA・MasterCardならほとんどの国で問題なく利用できますが、JCBは利用できない国が多くあります。
そのため、旅行先のATMで利用できるかどうかを事前に確認しておくことが重要です。
楽天カードの海外キャッシングサービスには自動海外旅行保険が付いていて、楽天カードで旅行代金を支払うだけで海外旅行保険が適応になります。
自動で適応になっているのでそれだけでもすごくお得ですよね。
ここからは、海外でのキャッシング利用について解説していきます。

 

現地通貨でキャッシングできるから両替不要!

海外旅行へ行って現地での両替に時間を取られた経験はないですか?
楽天カードの海外キャッシングを利用する場合、とても便利なのは現地通貨を引き出すことができることです。
海外にも銀行やコンビニエンスストアなど、様々なところにATMが設置してあります。
それらのATMから、楽天カードを使ってキャッシングするのです。
キャッシングなら両替など面倒な手間を省くことができ、旅行の最初から現金を持ち歩かなくても良いとあって、大変人気なサービスの一つです。
ただし、このサービスを利用するためにはキャッシング枠がONになっていなければなりません。
海外旅行へ行く前には必ず確認しておきましょう。

 

必要な分だけキャッシング!現金の持ち歩きは最小限に

海外ではやはり犯罪に巻き込まれる危険も考えて行動しなければいけません。
トラブルに巻き込まれてしまうと、せっかくの楽しい旅行が台無です。
特に、「日本人は大金を持っている」とのイメージが海外では未だに根強く、日本人旅行客を狙った犯罪はまだまだ起こっています。
海外で犯罪に巻き込まれないためには、やはり不必要に現金を持ち歩くのは避けるべきです。
その点、必要な金額だけその場でキャッシングすれば、大金を持ち歩くことなく海外での旅行を楽しむことができ、とても安心です。

 

海外キャッシングはリボ払いになる

楽天カードの海外キャッシングで安全に海外旅行を楽しんだ後は、利用した金額を返済しなければいけません。
この時気を付けたいのは、楽天カードで海外キャッシングした分の返済は自動でリボ払いになることです。
一括で返済したいと思っていた方はびっくりするかもしれませんが、ご安心ください。
後からでも返済方法を変更し、一括で返すこともできるのです。
一括返済へ変更するには、楽天カードのコンタクトセンターへ連絡し、リボ払いの繰り上げ一括返済したいことを伝えればそれでOK。
あとは指定された日に入金すれば返済完了です。

 

現地のATMに対応しているか事前に確認

楽天カードは、便利で安全な旅行を実現するためにおすすめですが、必ず確認しておくべきなのが海外ブランド(VISA・MasterCard・JCBなど)です。
楽天カードを作る場合海外ブランドを選ぶかと思います。
JCBは、VISA・MasterCardに比べて海外では少し使いにくいかもしれません。
日本人がよくいく海外の観光地では大丈夫かと思うのですが、少しマイナーな旅行先では利用できないところもあるのです。
JCBカードしか持っていなければ現地でスムーズな支払いができず、トラブルになる可能性があるので海外旅行に行く場合、必ず現地のATMで利用できるか確認しなければいけません。

楽天カードのキャッシングについてよくある質問

楽天カードでキャッシングを利用したいと思った時に、疑問に思うことが何点か出てくることもありますよね?
そこで、キャッシング利用についてのよくある質問を何点かみてみましょう。
「今現在の楽天カードのキャッシング枠の額について確認がしたい」、「今後キャッシング枠を増額することが出来るのか知りたい」、「自分は無職だけれど楽天カードを作ることが出来るの?」そんなさまざまな疑問にお答えします。

 

キャッシング枠を確認する方法は?

楽天カードのキャッシング枠は、楽天e-NAVIを使って簡単に確認できます。
まず、楽天e-NAVIにアクセスし「ご利用状況」の中から「ご利用可能額の照会」をクリックします。
「カードキャッシング」の項目の下に記入されている金額が、キャッシングで今現在利用できる金額となっています。
簡単に利用可能額の照会もできますので、今現在の状況を把握しやすくわかりやいです。

 

キャッシング枠を増額することはできる?

楽天カードのキャッシングを利用したいと思っても、希望通りのキャッシング枠が設定されるとは限りません。
そんな時は、楽天e-NAVIの「ご利用可能枠の変更」から「ご利用可能枠の増枠」へ移り、変更希望を出せば、キャッシング枠の増額を申込みすることが出来ます。
ただし、増額には審査があります。
楽天カードを作ったばかりで「利用可能枠を増やしたい!」と変更希望を出しても、審査に通るのは難しいでしょう。
そのため、キャッシング枠を増額するには、きちんと返済を続け、信用度を高めることにが重要です。
コツコツと利用実績を積み重ねることにより、楽天カードのキャッシング枠は少しずつ増額されていきます。
信用を増し、希望の額になるまで何度かにわけて申請するのもお勧めです。

 

無職でも楽天カードはつくれる?

ちょうど転職の時期にカードを作ろうとしている方や、4月から新入社員で働き始めることが決まっているけれど今は無職の方、あるいは年金生活で収入はあるけれど働いていない方、そんな方も楽天カードを作ることは出来るのでしょうか?
結論から言うと、無職の方が楽天カードを作ることは出来ません。
しかし、無職の方でも貯金額が300万円以上ある場合や、持ち家があるなど資産を持っている場合、また家族と同居しており、いざという時でも返済可能な場合だとすれば、作ることが出来るかもしれません。
返済できるめどもなく無職である時には、可能性は全くないと思っておい方が良いでしょう。

 

銀行カードローンや消費者金融とどっちがおすすめ?

どうしてもお金が必要になって借入する場合、楽天カードのキャッシングと銀行カードローンや消費者金融、どれが便利でお得なのか悩むと思います。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、状況に応じた使い分けが便利です。
キャシングで比較的低金利なのは銀行カードローンです。
しかし、銀行カードローンは審査の難易度も高く、審査に通っても融資されるまで時間がかかる場合が多いのです。
最近では最短即日融資の銀行も出てきてはいますが、通常は時間が少しかかると思っておいたほうがいいですね。
その点、消費者金融ですと金利は高めですが、即日融資の場合が多く審査にも通りやすいと言われます。
お急ぎの場合は、消費者金融での融資を、急ぎでない場合は低金利である銀行カードローンがお勧めです。

まとめ

楽天カードのキャッシング機能についてさまざまな面から調べてみましたが、使い方次第でとても便利なカードだという事がわかりました。
ポイントがたまり、商品購入時に使うことが出来たりと大変お得な面も大きな魅力の一つです。
また比較的審査に通りやすく、若い方からお年をめした方まで多くの方が利用する理由もわかる気がしますね。
楽天e-NAVIから、ほぼすべての確認作業や申し込みが出来るので、忙しく時間のない方でも利用しやすいのではないでしょうか。
楽天カードのキャッシング機能を利用するには、メリット・デメリットをしっかりと把握し、ご自身の生活スタイルに合った無理のない利用を心がけましょう。